ヴァーチューズ・プロジェクト


美徳を「承認」するという独特の手法で、心の深い部分に問いかけます

 

「ヴァーチュー」とは《美徳》という意味 

「ヴァーチューズ・プロジェクト」は、人はみな共通して52もの美徳(最善の人格)を持っているという考えを前提としています。 

人の持つ素晴らしい資質=美徳にスポットを当て、それを認めて、伸ばすことで、自己肯定感が高まります。

美徳を呼び起こすというアプローチによって、人生に起きている問題や人間関係のコミュニケーションの問題を解決し、「人生の目的を生きる」ことを可能にします。

何か問題があっても、それはただ美徳のバランスが崩れているだけで、バランスをとればいいだけだと、とらえるのです。

 

この、人本来の善なる部分に強力に働きかけるアプローチは多くの共感を呼び、現在国連加盟国を中心に、世界約106か国の学校・企業等のカウンセリングの現場で導入され、国際家族年の1994年には、国連事務局から「あらゆる家族のためのモデルプログラム」として推薦を受けています。

 

 

ヴァーチューズ・プロジェクトの講座・セッション

 

講座の日程は、相談のうえで対応が可能です。出張開催の場合は別途交通費が加算されます。

お申し込みやご質問は下欄の「お問い合わせ」からご連絡ください。